やなさっての風

みんなのため、ニュースっつうかブログやります。

2013年10月

1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/10/30(水) 03:34:42.49 ID:???0
 年齢を感じさせない美しさを持つ女性を真の「美魔女」として表彰する、
「第4回 国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が29日、東京・品川のグランドプリンスホテル高輪にて
行われ、2400名の応募者からグランプリが決定した。

 コンテストにはファイナリストとして20名が出場し、3時間にわたって水着やドレス姿を披露。
グランプリには「会場を虜にする笑顔が素晴らしかった」として39歳の西村真弓さんが選出され、
西村さんは「普通の主婦でも輝ける場所があるということを実感しました」と喜びをコメント。
今年度、アンファーが協賛したスカルプ美魔女賞を受賞した43歳の竹山亜紀子さんは、
「とにかく今は嬉しい気持ちでいっぱい。もともとスカルプシャンプーを使っていたので光栄です」と目を輝かせた。

 審査委員長の光文社「美ST」編集長の井上智明氏は、「美人は美人として生まれるんじゃなくて、
色々な事をあきらめずにやってきた成果として美人になっていくんだなと思いました」とイベントを総括。
コンテストに出場したファイナリスト20名は、今後「TEAM 美魔女」として、モデルほか多方面で活動する予定となっている。

サンスポ http://www.sanspo.com/geino/news/20131029/oth13102920230025-n1.html
画像(グランプリ): no title


他ソース(画像多数)
60歳のビキニも!「第4回美魔女コンテスト」実況ルポ
http://joshi-spa.jp/42839
画像(60歳美魔女): no title

続きを読む

1: 衛星軌道中立帯@はやぶさφ ★ 2013/10/29(火) 18:58:21.98 ID:???
「進撃の巨人」で調査兵団の第57回壁外調査の際に出現、大量の巨人を引き連れて
右翼部隊を壊滅させた14m級「女型の巨人 (めがたのきょじん)」ニューイングランドで
心理学を学ぶ20歳女性、クリステン(Kristen) によるコスプレが完璧すぎると話題に。

※威圧感まで完全再現
126be333.jpg


b3c4f168.jpg


6842469f.jpg


af6c7fae.jpg


875bef31.jpg



ソース・DDN Japan
http://japan.digitaldj-network.com/articles/20193.html

続きを読む

1: オムコシφ ★ 2013/10/28(月) 00:52:50.67 ID:???

 近年、多くのアニメの聖地が集中する地域になった埼玉県。
そんな埼玉県を日本一のアニメの聖地にしようと目論むイベント「アニメ・マンガまつりin埼玉(アニ玉祭)」が10月19日、20日の2日間にわたって大宮ソニックシティで開催された。

 このイベントは地域のイベントらしく多くの部分が入場無料(主催の埼玉県、太っ腹!)、トークありアニメ上映あり、物販ありのイベントである。
うち、19日には「アニメ・マンガの聖地サミット in 埼玉」というタイトルで、
埼玉の地域巡礼に関わる講演・トークセッションが開催されると聞き、さっそく現地に駆けつけた。

 このサミットの中で、特に注目したのは、聖地巡礼の研究で知られる北海道大学教授の山村高淑氏と、
埼玉県観光課時代に聖地巡礼のアピールで知られた島田邦弘氏(現・神川町副町長)のトークセッションだ。このトークは、山村氏がお題を提出しながら島田氏が自己の経験を語っていく形式で進行した。

 今や聖地巡礼は全国に広がり、勝ち負けも出てきている。
また、作品の人気に大きく依存し「テレビ放映が終わってしまったので、打つ手がない」と、こぼす自治体もある。
そうした現状の問題についても、経験に基づくなんらかのコメントがあるのではないかと考えられたのだが……。
しかし、予想に反して、そうした話はほとんどなかった。当然である。
会場には朝10時30分からの開催だったにも関わらず、100名近くの観客が詰めかけていた。その中には関係者がいっぱいである。
少々、会話が奥歯にモノが挟まったようなものになってしまうのは、しようがない。


午後の部ではさらに「本音」トークも続いた。
 そうした中で、一つだけ目の覚めたエピソードは、
島田氏が『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、『あの花』)のアニメ放送中に、
本作の製作元であるアニプレックスに埼玉県のキャラやゆかりのあるものを登場させてほしいと依頼したエピソードだ。
島田氏の依頼に対する返答は「うちは、地域振興アニメはつくりたくない。
作品の中にそれとなく登場してファンが行きたくなるような出し方をしたい」というものだった。
その結果、登場人物が買い物をするシーンで、埼玉県のゆるキャラである「コバトン」がしれっと描かれることになったのである。
マンガ・アニメなどのコンテンツを用いた地域振興が成功するために必要なのは、まさにこの部分だ。
あまりに押しつけがましく、名所を登場させたり、地域の特産品をアピールしたりすれば、かえってユーザーは離れてしまう。
ユーザーに宝探しをしてもらう感覚こそが聖地巡礼を成功させる重要な要素なのだ。

 かくて、埼玉県では多くの「聖地」が成功を掴むに至っている。
来場していた聖地巡礼プロデューサーの柿崎俊道氏は、聖地巡礼がもたらした効果を次のように語る。

「聖地巡礼の効果が高いのは、これまで観光地ではあったけれど、いまいち注目されていなかった地域です。
たとえば、(アニメ『ヤマノススメ』の舞台となった)飯能市などは聖地として注目されたことをきっかけに、
観光客も増えて地元の人々も盛り上がっているんです」

 マンガ・アニメは単なるきっかけ。そこからどのように発展していくかは、
やっぱり地元のやる気に関わっているようだ。

~中略~

 特に賑わっていたのは、やはりコラボ商品やキャラクターグッズの並ぶ物販スペースだ。
しかし、その中にも勝ち負けはハッキリと出ていた。
『あの花』で沸いた秩父市のスペースは、多くの商品が並び大盛況。
一方、同じフロアに出展していた豊島区のスペースは、まったく閑散としていた。

 豊島区が販売していたのは、横山光輝キャラの住民票だ。豊島区では、
横山キャラの『魔法使いサリー』『バビル2世』『仮面の忍者 赤影』などを住民登録し、販売しているのだが、
筆者が見る限り、まったく誰も買っている様子はなかった。

 全国的に盛り上がっている聖地巡礼だが、そろそろ勝ち負けもはっきりとしているところ。
まずユーザのニーズをちゃんと把握することが一番大事だと、豊島区は明確に教えてくれた。
(取材・文/昼間 たかし)

http://otapol.jp/2013/10/post-86.html



続きを読む

1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/10/20(日) 00:57:36.13 ID:???

アニ玉祭が開幕 アニメと漫画ファン初日3万5千人が集結

女装男装コスプレコンテストの参加者とグランプリに輝いたHakoruru(はこるる)さん(手前)
=19日午前、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティ
no title


埼玉が舞台となったアニメと漫画をテーマにしたイベント「アニメ・マンガまつりin埼玉(アニ玉祭)」
(主催・県、県産業文化センター、協力・埼玉新聞社など)が19日、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティで開幕した。
県内外から約3万5千人(主催者調べ)が訪れ、アニメと漫画を前面に出した県内初のイベントを楽しんだ。

ソニックシティの25周年記念とJR大宮駅西口周辺のにぎわい創出が目的。
埼玉にゆかりのあるアニメの上映や漫画作品の展示をはじめ、男装と女装のコスプレコンテスト、
アニメと漫画について熱く語るサミットなどで盛り上がった。イベントは20日まで。

埼玉新聞 2013年10月19日(土)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/10/19/15.html



続きを読む

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/10(木) 15:16:32.80 ID:???0

★「もぐり狩り」暴走族少年逮捕
10月10日 11時27分

埼玉県川口市を拠点とする暴走族グループの少年10人が、自分たちが「縄張り」とする
地域をバイクで走るのは「もぐりだ」などと言いがかりをつけ、「もぐり狩り」と称して
強盗や恐喝を繰り返していたとして、警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、川口市を拠点とする暴走族グループに所属する定時制の高校生やとび職の
少年など、15歳から18歳までの少年10人です。

警察の調べによりますと、このうち3人は、ことし6月、川口市朝日の路上で、ミニバイクで
買い物に行く途中だった19歳の少年を呼び止め、近くの公園で暴行を加えてけがをさせた上、
バイクなどを奪ったとして強盗傷害の疑いが持たれていて、グループ全体で恐喝など7つの
事件に関わっていた疑いがあるということです。

少年らは、自分たちが「縄張り」とする地域をバイクで走っている同世代の少年を狙って
「どこのチームにも属していない人間は『もぐり』だ」などと言いがかりをつけ、「もぐり狩り」
と称して強盗や恐喝を繰り返していた疑いがあるということです。

警察の調べに対して「縄張りをよそ者に走られるのが気に入らなかった」と供述しているということです。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20131010/5155301.html



続きを読む

↑このページのトップヘ