やなさっての風

みんなのため、ニュースっつうかブログやります。

タグ:韓国

1: HONEY MILKφ ★ 2017/03/09(木) 10:53:59.00 ID:CAP_USER
路上でズボンを下げて性器を露出し、オナニーをしたわいせつ事犯が相次いで検挙された。

慶北(キョンブク)浦項(ポハン)北部警察署(署長=イ・ソンホ)は去る4日の夜、浦項市北区(プクグ)
大新洞(テシンドン)の某病院前の路上でズボンを下げて性器を露出し、オナニーをしたA容疑者
(30歳)を公然わいせつ法違反の疑いで検挙した。

北部署によればA容疑者はこの日の0時頃、大新洞の某マンションでBさんを相手にわいせつ行為
をしてBさんが通報すると逃走し、場所を移動して被害者Cさんを相手にわいせつ行為をした事が
分かった。

わいせつ行為をしているという被害者の通報で出動した鶴山(ハクサン)派出所のパク・ジンボム、
キム・スンヨプ巡警(巡査に該当)は、BさんとCさんの供述を基に周辺の動線を把握して、近くの
路地を徘徊するA容疑者を発見、職務質問をして逮捕した。

これに先立って浦項北部警察署・杞渓(キゲ)派出所は先月28日、杞渓面一帯で公然わいせつ
行為をしたD容疑者(65歳)を検挙した。

D容疑者は2月初旬、浦項市北区杞渓面の登山路周辺でズボンを脱いで性器を振るなど、不特定
多数を相手にわいせつ行為をして住民の通報が相次いだ。

D容疑者を検挙する事が出来たのは、D容疑者が車に乗って逃げるのを見た市民が車両番号4桁
をメモしていた事が決定的な役割をした。

杞渓派出所のパク・ユンヨル、キム・ジョンソク警衛(警部補に該当)は町内の訪問パトロール中、
D容疑者が杞渓面橋の近くで車を運転しながらわいせつ行為をしているという情報提供を受け、
車両番号を確認してこの日検挙した。

浦項北部署の関係者は、「寒さが和らいで、自分の欲求を抑えきれずにわいせつ行為をする者
が多くなっている」とし、「隠しカメラで撮影したりオナニーをする者を見れば直ちに届けて、より
大きな性犯罪に繋がる事を阻止しなければならない」と求めた。

ソース:nsp通信(韓国語)
http://www.nspna.com/news/?mode=view&newsid=211101

続きを読む

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/03/09(木) 12:18:51.76 ID:CAP_USER
糞を貨幣に変換して使用する都市づくりを研究「弾む」

蔚山科学技術院、未来部支援を受けて、今年中に生活型実験室構築

(蔚山=聯合ニュース)キム・グンジュ記者=糞を売って仮想通貨に変換して使用する「糞本位貨幣」を都市に適用するための研究が開始される。

no title

「糞本位貨幣」生活型実験室
[蔚山科学技術院提供=聯合ニュース]

蔚山科学技術院(UNIST)は、今年中に糞本位貨幣適用のための「生活型実験室(Living Lab)」をキャンパス内に設置すると9日に明らかにした。

研究室は、トイレが設置された居住空間(約16㎡)3室と人糞をエネルギーに転換する装置を備えたバイオセンター、バイオエネルギー食堂などで構成されている。

研究者は、この空間で人糞が暖房、温水、レストランの調理器具の燃料として活用されることを直接経験して研究する。

トイレの便器には、尿のpH(pH)、糖とタンパク質の濃度などを測定することができるセンサーを設置し、健康状態もチェックすることができるように設計する。

生活型実験室は一般の人たちも体験することができる。

この研究を率いるジョジェウォン都市環境工学部教授は、「この研究室を拡張して、バイオエネルギーのレストラン、人糞エネルギーコミュニティーバス、人糞堆肥を活用した都市農業などの糞本位貨幣をベースにした村共同体を建設する計画である」とし、「糞、エネルギー、人生が循環する環境経済システムの可能性を示すものである」と強調した。

今回の事業は、未来創造科学部が今後5年間、研究費100億ウォンを支援する計画だ。

no title

蔚山科学技術院糞本位貨幣トイレ
[蔚山科学技術院提供=聯合ニュース]

UNISTはこれに先立ち、昨年5月、校内に小規模の糞本位貨幣の実験室である「サイエンスウォールデンパビリオン」を開いて、昨年末まで運営して2千900人余りが訪れた。

当時、この実験室内に設置されたトイレで大便を見ると、トイレの下に設置された乾燥機、粉砕機を通じて大便を粉にし、これを微生物のエネルギー生産施設で暖房やレストランの調理器具の燃料として活用可能なメタンガスに変換した。

また、トイレの使用者には「蜂蜜」というサイバーマネーを支給して、実際に校内でコーヒーなどを買って飲むことができるようなシステムを構築した。

研究チームは、「人が一日に排泄する人糞の価値は500ウォン程度に換算され、韓国のすべての国民が糞本位貨幣を使用すると、約9兆ウォンに達する価値を創出することができる」と紹介した。

ソース:聯合ニュース 2017/03/09 10:20(機械翻訳)
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/03/09/0200000000AKR20170309061900057.HTML

続きを読む

1: 【大吉】 @HONEY MILKφ ★ 2017/03/01(水) 11:21:37.14 ID:CAP_USER
開天節(10月3日)に礼拝堂の管理者が扉を閉めて外出して礼拝が出来なかったという
理由で火が起きて(腹が立って)、宗教施設に人糞をばら撒いた50代の男に裁判所が実刑
を宣告した。

ソウル西部地方裁判所刑事3単独(判事=シン・ヨンフィ)は28日、財物損壊と建造物侵入など
の疑いで裁判に掛けられたイ某被告(50歳)に対し、懲役1年4ヶ月を宣告すると明らかにした。

イ被告は昨年の10月4日、ソウル西大門区(ソデムング)にある大※そう教総本司で前日の
開天節に施設の管理者が礼拝堂の扉を閉めて外出し、信徒が礼拝する事が出来なかったと
いう理由で火が起きて(腹が立って)、ペットボトル6本に人糞を詰めて礼拝堂や事務室、
休憩室などにばら撒いた疑いを受けている。
※=にんべんに宗

イ被告は大そう教の創始者と同時に独立運動家である羅喆(ナチョル)先生を祀る祠堂と
殉教者を祀る場所、檀君像にも人糞をばら撒いた。

(以下略)

ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=421&aid=0002586363

続きを読む

1: たんぽぽ 2017/02/04(土) 11:25:47.12 ID:CAP_USER
2017年2月2日、韓国・聯合ニュースによると、40年の歴史を持ち韓国最大の海運会社である韓進海運が破産手続きを行うことになり、関連業種で大規模な失業が予想されている。

海運業界によると、昨年第3四半期基準で韓進海運の従業員数は陸上従業員671人、海上従業員685人の計1356人だ。海外法人の現地スタッフと外国人船員まで含めると従業員数は3900人余りに達する。大量失業は韓進海運だけにとどまらず、韓進海運と契約していた関連企業も事業から撤退しており、従業員が退職に追い込まれている。海運業界と専門研究機関は、韓進海運の法定管理直後に出した分析で、「破産による失業者は、釜山だけで3000人、全国で最大1万人を超える」と推定している。

海運業界で世界7位の実績もあった韓進海運の破産を受け、「従業員に何の罪があるのだろう」「上層部の経営責任が大きい」「いつも最終的に労働者だけが苦しみを受ける」など、従業員の苦痛に同情する声とともに、「国民の税金を投入して支援した結果が破産か」「無能な政府のせいだ」など政府を批判する意見もあった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170204/Recordchina_20170204014.html

続きを読む

1: 荒波φ ★ 2017/02/05(日) 09:15:40.29 ID:CAP_USER
歴史小説や歴史ドラマの歴史歪曲(わいきょく)問題は、昨日今日始まったことではない。
歴史ドラマが放送されると、ドラマの主人公を取り上げた歴史小説も争うように出版される。

脚本の基になった小説は再版され、放送に合わせて急いで書かれた本も出てくる。最近だと『花郎』がそうだ。
かつての『淵蓋蘇文』や『善徳女王』、『大祚栄』もそうだった。

歴史小説にせよ歴史ドラマにせよ、歴史の大衆化に寄与するというのはよいことだ。韓国の歴史を広く伝えて自負を持たせるという面で、前向きな現象ともいえる。
しかし、歴史的実体を作家が恣意(しい)的に解釈してゆがめてはならない。

歴史小説は歴史の本ではないのだから想像力が割り込む余地はあるが、想像力を発揮し過ぎて、あったことをなかったかのように、
なかったことをあったかのように、実体をゆがめてよいだろうか。

高句麗の大武神王を主人公にした歴史小説を読んで、あきれてしまった。夫余の将帥が身分を明かせと言うと「われ、大武神王!」と言い返す場面があった。
大武神王とは死後にささげられた尊号であって、生前用いられた称号ではない。

また、ある歴史小説では「来週見よう」というせりふが出てくる。1週間という単位が登場するのは、キリスト教が入ってきた後の話だ。

李舜臣(イ・スンシン)将軍を主人公にしたある小説では、李舜臣が三道水軍統制使を罷免されてソウルに連行される際、
逮捕に来た人々を「禁府都事」と表現していた。実際は禁府都事ではなく、宣伝官と呼ばれる武官だった。

この程度なら、枝葉末節なミスといえるだろうが、基本史料たる『宣祖実録』を読んでいれば犯さない誤りだ。
このように小説が考証をしないので、歴史ドラマの歴史歪曲となるともはや言うまでもない。

『不滅の李舜臣』では、亀甲船が進水式当日にひとりでに沈んだと描写され、あっけにとられてしまった。

数年前に放送された『女人天下』では、文定王后の弟のはずの尹元衡(ユン・ウォンヒョン)を「兄」にしてしまっていた。
よその家系にまで手を加えておいて、制作責任者が「ドラマを面白くするため」と言っているのを見て、あきれてしまった。

例を挙げるとごまんとある。高句麗の将軍・淵蓋蘇文が新羅の将軍キム・ユシンの家で下働きをしていたとか、
その時期なら既に老いて死んでいるはずの新羅の女性貴族・美室宮主が依然として美しい姿で登場するとか、
実際にはまだ生まれてもいない大祚栄(初代の渤海国王)が淵蓋蘇文の家で召し使いをしていたとかいう設定はただのでっち上げだ。

こうしたでっち上げの極致は『風の絵師』だ。正真正銘男性の申潤福(シン・ユンボク)を男装の女性にしてしまった。
『花郎』でも、若いころの真興王(三麦宗)が同じ年頃の若者と交流し、首都・徐羅伐の内外を走り回っているが、
実際には真興王は7歳で即位し、18歳になるまで母親の只召太后が摂政をしていた。

また、伽耶史を扱った歴史小説に「韓国では18世紀まで、いかなる車も使ったことがない」という記述が登場したが、全くでたらめだ。
あまたの高句麗古墳の壁画に登場する多くの車を、この作家は本当に一度も見たことがないのだろうか。

こうした基本的な常識にも合わない歴史小説を書かれては困る。
本を売り、金を稼ぎ、視聴率を上げたいという商業的な計算を優先して歴史を軽く考える態度は捨てるべきだ。

歴史を勝手に歪曲し、でっち上げるのは、無責任を通り越して、正しい歴史教育に逆行する犯罪にほかならない。
でたらめな歴史小説や歴史ドラマを作る行為は、読者の籠絡だ。だから、きちんと勉強して書けと強調しているのだ。

2017/02/05 06:07
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/03/2017020301544.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/03/2017020301544_2.html

続きを読む

↑このページのトップヘ